セブチウォヌ少女時代バッシング事件の真相とは?

今世界中で大人気のSEVENTEEN(セブチ)。日本でも相当な人気で、「SEVENTEEN Japan official Twitter」のフォロワー数はなんとすでに40万人を超えています!

さらに、5月30日にはイルデも決定しているので、これからますます人気が出ることでしょう!

セブチのビジュアル担当の1人であるウォヌはギターや作詞が得意で、今までにウォヌが書いた歌詞ノートはすでに5冊を超えているとか、、。

すごいですね!

今回はそんなマルチな才能の持ち主、ウォヌが過去に起こしてしまった少女時代バッシング事件の真相について徹底的に迫っていきたいと思います。

SEVENTEEN(セブチ)ウォヌの少女時代バッシング事件

SEVENTEEN(セブチ)のウォヌが過去に、ある事件で騒がれたのを覚えていますか?

そう。ウォヌが少女時代をバッシングしていたという事件です。

まだデビューする前、当時小学6年生だったウォヌが少女時代の悪口をネットに書いていた事が発覚し、話題になりました。

この事件の発端は、韓国のインターネット掲示板サイトでのこと。


「ウォヌが過去にインターネットの掲示板に少女時代の悪口を残した」

という書き込みが出回ったのがきっかけでした。その後、その書き込みは瞬く間に広まり今回の騒動へと発展してしまいました。

当時、小学校のコミュニティサイトで友達と一緒に書き込みをしていたウォヌ。下の画像、赤丸にあるようにサイトの中では本名ではなくナム・ドイル(남도일)という名前を使っていました。

そして、気になるバッシング内容ですがこれがかなり悪質なものだったんです、、。

その中の一部を翻訳して紹介します⬇︎⬇︎

整形前の少女時代。誰なのかはわからないが(笑)(笑)

ブサイク(笑)(笑)(笑)

テレビ番組で、鏡を見て自分の姿に惚れたことがあるという質問をされた少女時代メンバーのうち2人が◯と回答しています。

それに対して남도일(ウォヌ)は、狂ってる…鏡を見て惚れたって…とコメント。

このように、少女時代メンバーの容姿や整形に対する悪口コメントを何度も投稿していました。いくら子供だからといってこれはひどいですね!!決して許されるべき書き込みではありません。

SEVENTEEN(セブチ)ウォヌが事実を認めた

この事件は世間を騒がせ、その結果事務所沙汰にまでなってしまったんです。そして、2015年5月9日ウォヌは公式ファンサイトに直筆の謝罪文を載せました。

翻訳した謝罪文はコチラ⬇︎

こんにちは。ウォヌです。まず今回の騒動で傷ついたすべての方々にお詫び申し上げます。

幼い頃のミスだと、覚えてないと言い訳をするよりは、このように謝罪して自身の過ちを認め、罰を受けるのが正しいと判断したので謝罪文を書きます。

幼い頃に書いたものだとしても、僕が書いたコメントであり、そのコメントに傷ついた少女時代先輩と少女時代先輩のファンの皆様。

そしてカラット(CARAT、SEVENTEENのファンクラブ)たちに申し訳ない気持ちです。

また、今のSEVENTEENになるために一緒に努力してきたメンバーたちにも申し訳ないです。

今になって考えて見ると、本当に世間知らずな行動でした。テレビに出演するスターの方々に対してただ軽く考え、何の気もなしに投げた言葉が誰かにとって傷になるとは思いもしませんでした。

中学生になってからSEVENTEENになるために練習生生活を始め、その時になって、ステージに立つ人が負うべき重さを知りました。一人の歌手をステージに立たせるために、どれほど多くの方々が努力しているのか。

そしてSEVENTEENとして活動しながら、ステージに立つ人間がどんな心構えで居なければならないのかを知り、ステージに立つことの意味を知りました。

少女時代先輩が今の地位を築いてこられたことがどれほど素晴らしいことなのかを心から感じ、尊敬の気持ちを抱きました。

また、ファンがくださる愛を受けながら、この仕事には責任感が必要だということを、そして大衆の関心を受けることで、一つのコメントが与える影響力と、それを見る人の気持ちに対して深く考えるようになりました。

そのため、僕の過ちに対して深く反省しています。

許してくださいとはとても申し上げることはできません。ただひたすらに反省し、少女時代先輩たちにもお詫び申し上げたいです。

何の気もなしに掲載したコメントは、今の僕自身が見ても正しい言動ではなく、そして多くの方にとって傷になる行動だったので、とても申し訳なく、頭をあげることができません。

二度と失望させないように最善を尽くします。僕の世間知らずな行動に対して送ってくださった多くの叱咤とアドバイスを全て肝に銘じます。

そしてこれからもより多くの教えをいただければと思います。改めてもう一度、お詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

かなり長文の謝罪文で、ウォヌの後悔が伝わってきます。

ウォヌの謝罪文に対して世間の反応は?

(肯定的な意見)

(キリンくん)
大人になってちゃんと謝罪したウォヌ偉いよ。

(タコライス)
自分の非を認めてきちんと謝罪するなんて、なかなかできることではないと思う。
(ペンちゃん)
ウォヌくんの謝罪文みたいに自分の過ちをきちんと自分の言葉で公式に謝ってる韓国アイドルいたっけ?

(否定的な意見)

(いぬまる)
謝罪してくれたのはよかったけどちょっとこれ知ったらセブチあんまり応援できないな〜。

(オコシシ)
子供の頃の話とはいえ、ソシのことディスったのはちょっとショック。セブチ最近頑張ってるなって思ってたけど少しイメージダウンした。

否定的な意見にもあるように、この騒動でウォヌのイメージが悪くなってしまったという人も確かにいます。

ですがウォヌは、しっかりと反省して自分の言葉で、自分の字で謝罪文を書きました。あのまま謝罪文を出さないこともできたと思います。

それでも逃げずに世間と向き合ったところに、ウォヌの男気とファンに対する誠意があらわれているのではないでしょうか?

今は、少女時代と同じ業界に入り芸能人の苦労が分かったというウォヌ。いつか本人たちにちゃんと謝罪できたらいいですよね。

まとめ

過去に、少女時代バッシング事件を起こしてしまったウォヌですが猛反省し、現在はセブチの重要メンバーとして大活躍しています!

「울고 싶지 않아 (泣きたくない)」では、ミンギュと共に転調部分を担当し曲全体を盛り上げたり、「고맙다 (THANKS)」ではウォヌが曲のラストを担っています!

ちなみに私はウォヌくんきっかけでセブチを好きになり、メンバー全員の名前を覚えて曲も聴くようになりました。

なのでこの騒動を知った時はとても悲しい気持ちになったのを覚えています。

でもそれ以上に、ウォヌくんが直筆で謝罪文を書いたことと、文章の中の「二度と失望させないように最善を尽くします。」

という言葉に反省の気持ちと、これからも頑張っていくという思いが見えたことがとっても嬉しかったです。

なので私はこれからも、ウォヌくんのファンとして精一杯応援していきたいと思います!!

イルデも楽しみです!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です